アルギニンとシトルリンの関係を詳しく紹介!
アルギニンで今再び立ち上がる!今話題の絶倫アルギニンサプリランキング!
精力減退の原因とは?
どのタイミングでサプリを飲めば効果的なの?
男の自信を取り戻せるアルギニンサプリランキングTOP10
  1. アルギニンとシトルリンの関係

シトルリンとは?

シトルリンとは?

シトルリンはスイカの中から発見された成分でアミノ酸の一種です。もともとは医薬品の成分でしたが、現在は健康食品として使われています。

このシトルリンは摂取してもそのままでは体内に取り込むことができないため、酵素の働きでアルギニンに変換されます。この時に一酸化窒素(NO)のを発生させるのです。アルギニンは、体の細胞を作る材料となるので、精子の材料にもなるなどいろいろな働きをします。そして残ったアルギニンはそのままでは体外に排出することができないためシトルリンに変換され、尿に混ざって排出されるのです。この変換の時にまた一酸化窒素(NO)を発生させます。

この一酸化窒素(NO)の発生が、硬くなった血管をしなやかに拡張する作用があることが解明されています。血管が拡張されることで、必要な栄養素が体のすみずみまで運ばれ、いらなくなった老廃物が詰まることなく運びだされるようになります。このような作用がスムーズに働くと筋力アップや冷え性改善、疲労回復、男性機能の改善などに効果があるのです。

この男性機能の改善については、ペニスを形成している海綿体の血管が拡張されることで効果につながると言われています。海綿体の血管が拡張されると海綿体に流れる血液量が増え勃起力が増強し、勃起時間も長く維持することができるというわけです。

このようにシトルリンは、アルギニンと深い関係で成り立っている成分で、一酸化窒素(NO)の発生という重要な役割を持つ、健康にも男性機能にも大切な成分なのです。

アルギニンとシトルリンはどちらがいいの?

アルギニンとシトルリンはどちらがいいの?

アルギニンもシトルリンもアミノ酸の一種です。

アルギニンは、筋肉増強、疲労回復、免疫力アップなどに効果があり、成長ホルモンの分泌を高めるため精子を作り出す作用にも大きく関係がある成分です。

一方シトルリンは血管拡張作用があるのですが、そのままでは体に取り込むことができないため体内でアルギニンに変換することで体に取り込むことができる成分です。体内でシトルリンからアルギニン、アルギニンからシトルリンへ変換されるときに一酸化窒素(NO)が発生することにより、血管を拡張して血流を改善させるのです。

この作用から考えるとシトルリンを単体で摂取すればいいように思えるのですが、シトルリンだけでは成長ホルモンの分泌による精子の生成などの効果を得るための量が全然足りません。また同時にアルギニンを摂取することで相乗効果により一酸化窒素(NO)の発生が増大し、血管の拡張と血流の改善で体のすみずみまで栄養を行き渡らせ、老廃物を運びだす、という大切な役割を果たすことができるのです。またアルギニンだけでなくシトルリンも摂取した方が良い理由は、体への吸収率はアルギニンで摂取するよりも、シトルリンを摂取してアルギニンに変換した方が高いためです。

アルギニンとシトルリンは、どちらかを単体で摂取するよりも同時に摂取した方が血管の拡張や血流改善の効果をより発揮でき、勃起力やその維持、精子などの男性機能に関してもはるかにその効果を発揮できるのです。