アルギニンサプリと相性のいい成分や一緒に摂りたい成分を紹介します
アルギニンで今再び立ち上がる!今話題の絶倫アルギニンサプリランキング!
精力減退の原因とは?
どのタイミングでサプリを飲めば効果的なの?
男の自信を取り戻せるアルギニンサプリランキングTOP10
  1. アルギニンサプリと一緒に摂りたい成分や相性のいい成分紹介

アルギニンサプリと相性のいい「オルニチン」で肝機能の向上による精力の回復効果

アルギニンサプリと相性のいい「オルニチン」

精力向上に効く成分と言えば、まずアルギニンが挙げられます。このサイトでもおすすめのアルギニンサプリを紹介していますが、ここではアルギニンと一緒に摂りたい成分を紹介します。購入を検討しているアルギニンサプリにこれらの有効成分が入っているか、ぜひ調べてみてくださいね。

アルギニンと一緒に摂りたい成分1つ目は、オルニチンです。しじみに多く含まれる成分として有名ですね。昔からお酒を飲んだ翌朝にはしじみの味噌汁がよいなんて言われていますが、それはオルニチンに肝機能の向上効果があるためです。 肝機能を向上させることで、アルコールの飲み過ぎによる精力減退を改善する効果があります。また肝臓はエネルギーを貯蔵する役割も担っています。食事による栄養成分は腸から吸収され、体内でアミノ酸に変換され肝臓内に蓄えられます。つまり肝機能が向上することで、アルギニンやシトルリンといった、精力向上に貢献してくれるアミノ酸成分をしっかり貯蔵してくれるのです。

さらにオルニチンには成長ホルモンの分泌を促してくれる作用があります。成長ホルモンには筋肉の増強やホルモンバランスの調整、細胞分裂の活性化によって精子量が増えるなど、精力・勃起力を高める様々な効果があります。

抗酸化作用が注目され始めている「トリプトファン」

抗酸化作用が注目され始めている「トリプトファン」

もう1つ、アルギニンと一緒に摂りたい成分が「トリプトファン」です。

勃起には自律神経が深くかかわっていて、ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、倦怠感やうつ症状が出て精力が減退し、勃起しにくくなります。 自律神経を整えるホルモンには、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」、睡眠ホルモンである「メラトニン」がありますが、トリプトファンはこの2つのホルモンを生成する作用があります。つまりトリプトファンを摂ることで精神的に安定し、心因性のEDを改善する効果が期待できるというわけです。心因性のEDはバイアグラのような薬で効果が出にくいということもあり、トリプトファンはまさに救世主的な成分とも言えるでしょう。

また、トリプトファンから生成されるセロトニン・メラトニンには血流改善の効果があります。これも自律神経の改善による効能の1つなのですが、自律神経失調症の人は慢性的に交感神経が優位になっています。交感神経とは緊張時やストレス時に優位になる神経なので、交感神経が慢性的に優位になっている=常にストレス状態ということです。この状態の筋肉はギュッと固く緊張しており、それに伴って血管も細く縮んで血流が悪くなります。血流が悪くなると勃起力が弱まってしまうことは皆さんもご存知だと思います。

以上がトリプトファンに期待できる精力増強効果です。せっかくアルギニンサプリを摂るなら、相乗効果のあるオルニチン・トリプトファン、そして別のページで紹介しているシトルリンが入っているものがおすすめです。